Home Support

暮らしにあった住まいに変えよう|リフォームするときの着目点とは

タイミングの目安を確認

20年が目安になる

間取り図

横浜市は国内で最も総人口が多い市として知られています。繁華街やビジネス街、観光地がある一方、横浜市は住みやすい街という事もあり、マンションや一戸建て住宅も多く建てられているエリアです。住まいは新築時には、どこもキレイでピカピカですが住んでいるうちに、経年劣化によって傷みが生じます。特に浴室は常に湿気がある事から、他の箇所よりも傷みやすいという点が特徴です。住まいは定期的にメンテナンスをして、美しさや機能性をキープする必要があります。劣化しやすい浴室も、もちろん浴室リフォームでメンテナンスする事が大切です。横浜市でも古い住宅は、まだまだ在来工法で作られた浴室が現役のようです。在来工法とは浴室の壁が、モルタルやタイル張りで作られているもので、古くから用いられている工法なので在来工法と言われています。モルタルやタイル張りの浴室は、新築時からどのくらいの期間で浴室リフォームを行うのが理想なのでしょうか。在来工法だけでなく他の工法でも、浴室リフォームは新築時から約20年程度で行うのが理想的です。20年以上経ってしまうと、経年劣化による傷みが激しくなります。場合によっては家の構造部分まで、湿気によって傷んでしまうので20年程度で浴室リフォームを行うようにしましょう。横浜市では市内はもちろん、周辺でも浴室リフォームを得意とするリフォーム業者が施工を行っています。「そろそろリフォームが必要」と感じたら、リフォーム業者に相談してみましょう。

魅力や費用相場を確認

リフォーム

横浜市にある住宅も古い場合は、浴室が在来工法で作られているケースが多いようです。在来工法の浴室はデザイン性にこだわれるという点から、横浜市でも多くの住宅で採用されてきた秘密となっています。大きさやデザインを自由に決められるので、在来工法であれば世界に1つの浴室を作る事も可能です。ただ、古い住宅の場合、在来工法の浴室はタイル張りとなっているケースがほとんどです。タイル張りの浴室は掃除をしても、タイルの目地にカビが生えるなど衛生面で気になる所があります。また、掃除も大変なので横浜市の古い住宅では、タイル張りの在来工法で作られた浴室から、ユニットバスへと交換する浴室リフォームが行われています。今、浴室リフォームといえばユニットバスへの交換が主流です。ユニットバスは各メーカー、様々な工夫を行っておりカビが生えにくい素材で作るなど、掃除がしやすい加工が施されています。タイル張りの浴室と比較すると、ユニットバスはかなり掃除の手間暇を省く事が出来るでしょう。横浜市のリフォーム業者でも、浴室リフォームといえば、やはりユニットバスへの交換がポピュラーとなっているようです。人気のユニットバスですが、浴室リフォームにかかる相場はどのくらいか、気になる方も多いのではないでしょうか。浴室の広さやユニットバスのグレードによって、浴室リフォームの相場は変わってきます。一般的に在来工法からユニットバスへと交換する場合は、80万円から250万円程度の費用が相場です。

機能性がアップする

バスルーム

お風呂は1日の疲れを取る、またはリラックスできる空間でもあります。ただ、お風呂は毎日掃除をしていても、カビが生えるなどして新築時の美しさが、失われやすい箇所でもあります。また、古い浴室の場合は冬になると寒さが厳しい、床面がすべりやすい素材で危険など、機能性にも問題があるようです。このような事もあり住まいで行うリフォームの中でも、特に浴室リフォームは人気です。横浜市の住まいでも浴室リフォームは、多く行われています。マンションや戸建て住宅も多い横浜の特徴です。古い住まいも横浜市内には多い事から、浴室リフォームを行う件数自体も多いのです。浴室リフォームを行う事によって、得られるメリットや魅力にはどのようなものがあるのでしょうか。まず古い浴室からユニットバスなど、新しい浴室へとリフォームする事で古い見た目を一掃出来ます。ユニットバスも近年はデザインが豊富なので、好みで浴室をリフォームする事が可能です。古いタイル張りの浴室は寒さが厳しいですが、ユニットバスへ浴室リフォームする事で断熱性能は大きくアップします。また、タイル張りだと、どうしても湿気によって柱や土台部分が傷んでしまいます。在来工法で作られた浴室は湿気のダメージが大きく、柱などが腐る、またシロアリの食害に遭いやすいようです。一方、ユニットバスへ浴室リフォームすれば、耐水性能もグンと上がるので、このようなトラブルを起こすリスクを大きく下げられます。このように、ユニットバスは機能性も高く、また価格帯もお手頃という事もあり横浜市の住宅でも、多く取り入られている浴室リフォームです。