Home Support

暮らしにあった住まいに変えよう|リフォームするときの着目点とは

用途を変更する場合

できることとできないこと

作業員

藤沢で増築や、住宅から店舗へ変更するような用途を変更するリフォームをする際には、用途地域、建蔽率、敷地と道路、防火地域など、建築基準法で決められた色々な制約があるので、気をつけなければいけません。法的制限に関しては、リフォーム会社が確認し、法の違反にならない範囲でプランを立ててくれます。とはいえ、これらの法規制については、藤沢市役所の建築課に行けば自分で調べることができるので、藤沢の住宅に関係のある法規制については、ある程度知識を得ておくとよいでしょう。また、藤沢の防火指定のない地域でも、10m2以上の増築は各市町村へ建築確認申請を提出する義務があります。申請には約3週間程度かかり、審査料も必要になるので注意してください。既存の住宅の工法や構造によって、リフォームでできることと、できないことがあります。在来工法は、住宅を柱で梁で家を支える工法で、日本の木造住宅の多くはこの方法で造られています。融通性のある構造なのでプランニングの自由度は高いですが、部屋を広くしたり、大きな開口部を設けるなど家全体のバランスに関わるリフォームは、柱や梁を補強する必要が生じます。ツーバイフォー工法は、北米から輸入された工法で、規格サイズの木材を使い、壁と床の面材によって構造体を支えます。各所に取り除けない壁があるので、間取り変更や開口部をとるリフォームでは、特に工夫が要求されますので、専門知識と実績のある業者に頼んだ方が安心です。

一番したい事で業者を選ぶ

浴槽

リフォームを業者に依頼する際、一番大切なのは、「どこまでよく話を聞いてくれるか」です。それというのも、リフォームやリノベーションは、家づくりと同じく、最終的な依頼主の満足度が重要なポイントだからです。納得できない結果の中、「何か違う」と思いながら住み続けるのでは、せっかくのリフォームも意味がありません。ですから、藤沢でリフォーム業者を決める際は、まずはしっかりとこちらの希望を聞き、それに対して明確なアイデアや見積もりを出してくれるところを探しましょう。そこを面倒がらず、最後までつきあってくれる業者であれば、少なくとも後から「あの時ああ言えば良かった」という不満は残りにくいからです。また、藤沢を含む湘南周辺には、リフォーム業者が数多く存在します。安定した全国規模の大手もあれば、藤沢の環境や住宅事情に詳しい地域密着型の業者もあります。ですから、藤沢でより良いリフォームをしたいなら、まずは「どうしたいのか、何が欲しいのか」を明確にし、その点に一番強い業者にするのがベストです。例えば、キッチンを最新にしたいなら直接メーカーに依頼すれば一番確実ですし、自然素材を使ったリフォームが希望ならその施工事例が多い業者にすれば安心です。また、リフォームはコストとの兼ね合いですが、そうした「一番」の箇所、つまりリフォームの要の部分には手間も予算もしっかりかけ、調整は他の部分ですると、後の満足度が高くなります。

安心材料を探す

設計図

藤沢でリフォームをする場合には、専門業者を探す必要があります。リフォームを行ってくれる専門の業者は藤沢にはとても沢山あるため、自身が納得して安心できる業者を探すことがもとめられます。数ある藤沢のリフォーム会社の中から、依頼する場所を選択するための材料として、実際に利用した人の口コミが挙げられます。口コミを利用すると、どのような対応だったのかや、施工の技術などを依頼する前に知ることができます。実際に利用した人が気持ちよくリフォームを終えていることを事前に知ると、安心材料になります。最近では様々な業者がいるため、自身が信頼おける業者を探し出すことが最も重要なポイントだと言えます。依頼したいリフォーム業者を藤沢近郊で見つけた場合には、まずは見積もり依頼をしてみましょう。この際に、複数の業者に見積もりを取ると、価格の比較も行うことができます。同じ施工内容であっても、業者によって費用はまちまちであることから、合い見積もりはとても大切です。手間だと思わずに少なくても2軒は見積もりを依頼してみましょう。見積もり後は実際に施工に移りますが、内容や規模によっては数日間時間を要するケースもあるため、このあたりも業者と十分に打ち合わせをしておくと安心です。特にお風呂場や生活スペースをリフォームする場合には数日間は不便になる場合もあるため、その期間の過ごし方なども予めシミュレーションしておくとよいでしょう。